Information

Output

Blog

その31

折り紙で鶴を折るが如し

今日はこれからこの机の上の折り紙で鶴を折ってみよう。
久しぶりでしょ。
じゃあ、5分後、鶴が出来たら話を続けるよ。


----- 5分後 -----


出来た?
...そうか。

俺さ、3歳位の頃かな、鶴を折った後に母親から「1mmずれてるよ」って指摘されたんだよね(笑)
多分、その経験が衣食住以外の「文化」に初めて出会った瞬間だった気がする。

それ以来、ずっと絵→漫画→音楽(詞・曲)→WEBサイトと「ものづくり」に没頭して来た。一番心が「幸せ」を感じる。
何で出来る様になったのかと聞かれたら、やっぱり「折り紙の鶴を折る時に1mmのずれが気になる心」を教わったお陰だと思っている。
大人になればなる程、一番大事なのはそこなんだと気付く。
最初に親から教わった事。

もしこれから色々創り出したいと思っているなら、もう一度、自分が鶴を折れているか観察して欲しい。

30代になってから急にこの「1mmの指摘」を思い出して、おかしくて母に話したら、「ごめんね。厳しかったかもしれないけど、自分の知っている事は全部教えておきたかったのよ。」と何とも嬉しい事を言ってくれたよ。

またここで、二人で会おう。

( )

Feed - RSS

arrowup

Input

Review

Profile

南條 雄一

生まれ

よこはま育ち

詩人

 Introduction - 紹介 / Profile

Let's Connect!

Newsletter - 最新情報Get!

1. 入力 > 2. 確認 > 3. 完了

Sitemap