Information

Output

Art

Words

半分のティッシュ

10代になった頃から 親との距離を意識し始めた
好きなくせに外にいる時 友達の前では冷たくした

家の中ではいつでも 下らない冗談が飛んでいて
1枚のティッシュを半分に破って使う 素朴な家族

半分のティッシュで鼻をかむ父さんと母さん
そんな2人に僕は 親孝行したいな

20代になった頃から 少し関係悪くなり始めた
「夢を追う」と言い出した僕 「難しい」と止めようとする2人

「それじゃ家出ろ」と言う父さん 10円ハゲを作った母さん
部屋に1人こもりがちの僕 食卓囲む無口な家族

半分のティッシュで鼻をかむ父さんと母さん
そんな2人に僕は 心閉ざしたんだ

30代になったある日 1人暮らしの部屋から出てきた 写真
赤ん坊の僕を抱く若い2人の笑顔 何故だか・・・涙が出た
子供の頃は全部2人が教えてくれたんだ トイレの行き方も 箸の持ち方も
最近じゃ1人で生きてる気がしていた ・・・ごめん ありがとう

半分のティッシュで鼻をかむ父さんと母さん
そんな2人は僕を いつも見守っていてくれたんだ

半分のティッシュで鼻をかむ父さんと母さん
そんな2人に僕は 親孝行したいな

そんな2人に僕は 親孝行したいな

親不孝者の僕は 半分のティッシュを取り出す

( )

Profile

南條 雄一

生まれ

よこはま育ち

詩人

 Introduction - 紹介 / Profile

Let's Connect!

Newsletter - 最新情報Get!

1. 入力 > 2. 確認 > 3. 完了

Sitemap