Information

Output

Blog

その23

4分33秒

ここは渋谷の細い坂の途中にある地下のLive Bar。21:16。

スポットライトを浴びる俺は、4曲目を歌い終わったところ。
減衰するギターの音。
拍手の響きも天井に溶け、次を期待する聴衆。
俺は静かに、マイクの前に口を寄せる。
あえて、耳を傾けなければならない様な気にさせる程の音量で、一言。

「カバー曲をやります。ジョン・ケージの『4分33秒』」


カコーン


コーーーン

ウワンウワンウワンウー〜ー〜ーー

コーーン


「...あ、ただのチューニングです」


と言うのが、10年やったネタ「沈黙と調整」の次に考えたギャグ。

簡単に説明すると、ジョン・ケージって言う現代音楽のArtistがいて、「4分33秒」と言う曲を書いた。
これが面白い曲で、ピアノの前に座り、4分33秒沈黙すると言う曲(!)
そこにある自然界の音を楽しんでください。これが、私から提示するArtですと言う趣向な訳。
それを、チューニングの間を持たせる為に「カバー」したの。

ふふ、とある場所でLiveをした時にこれをやった時に声を上げて笑ってくれた方がいてさ、よく見たら、ピアニストの上原さんだった(笑) さすが。


チューニングの話をしよう。
チューナーって機械がある。便利で、俺も特にギターを始めたばかりの頃はすがる様に使っていた。

でも、俺からは「音叉」の使用をおすすめしたいよ。
何故かと言うと、単純に、音感が鍛えられるから。集中力が研ぎ澄まされるから。
チューニングと言うルーティンワークも成長の機会として捉えるんだ。
3年、5年、10年経つに従って力になってくるよ。

やり方は、簡単。
ギターのハーモニクス音と音叉を鳴らした音を同時に集中して聴き比べるだけ。
音が合っていないと「ウワンウワンウワン」って空気が波打つんだよ。だけど、音が合うと波が消える。二つの音が真っ直ぐに一つに、平行して進むんだ。
最初は(俺がそうだったんだけど)「自信」が無いからよく分からないって言う感覚かもしれないけど、長い目で見て、軽い気持ちでチャレンジしてみてほしい。

まとめるね。
チューニングを音叉を使ってやる事で、ルーティンワークも貴重な修行の機会になる。

...因みに、「4分33秒」の1ネタをやる為だけに、理論武装したくてジョン・ケージ関連の本を3冊程読んだよ(笑)
カバーする時には、最大限の敬意を払わないとね。

またここで、二人で会おう。

( )

Feed - RSS

arrowup

Input

Review

Profile

南條 雄一

生まれ

よこはま育ち

詩人

 Introduction - 紹介 / Profile

Let's Connect!

Newsletter - 最新情報Get!

1. 入力 > 2. 確認 > 3. 完了

Sitemap