Information

Output

Blog

その29

ギター初心者の悩み4・上手にならない3

ギターの修行は、手を動かす「肉体労働」だけが全てじゃ無い。
頭を動かして「知的労働」を重ねる事も肉体労働と同じ位大事だ。いや、もっと言うなら、知的労働/思考の方が大事だ。

こっちに時間を使わずにギターの上達を諦める人もいたりするかもね。

だって、考えてみなよ。
Yngwie MalmsteenやNuno Bettencourt(Extreme)、Zakk Wylde (Ozzy Osbourne) だけが「全て」か?そうじゃ無いだろ。
技術的には超人レベルじゃ無くたって、かっこいいギタリストはたくさんいる。
技術的には上に挙げた様な人達より明らかに劣っていても、評価の高い、自分の心に刺さるArtistがいるはずだ。

例えば、俺にとってはJimmy Page(Led Zeppelin)やKeith Richards(The Rolling Stones)とかさ。João Gilbertoもそうだ。ほら、まだまだ際限無く出てくるよ。皆、最高に「良い」でしょ。

彼らの良い点を書き出すんだよ。
魅力ポイントを挙げて行くんだ。
必ず、他の人には無い輝きがある。

自分が出来ない事は出来ないんだから、自分に出来る事/欲しい魅力を見つけて、「積み上げ力」で勝負するんだよ。みんな、そうしているんじゃないかな。
その、パズルの1ピースを探す作業が、「思考」だよ。

ドラマーの村上ポンタ氏が「ドラム上達の秘訣は?」と聞かれて、「ドラムに触らない事だよ」と答えていた。
恐らく、猪突猛進の労働だけしていても次のレベルへ進めないよと、同じ事を言いたかったんじゃないかと思っている。

まとめるね。
「肉体労働」は大事だけど、「知的労働/思考」も大事。

次、最後にもう一つ言わせて。

またここで、二人で会おう。

( )

Feed - RSS

arrowup

Input

Review

Profile

南條 雄一

生まれ

よこはま育ち

詩人

 Introduction - 紹介 / Profile

Let's Connect!

Newsletter - 最新情報Get!

1. 入力 > 2. 確認 > 3. 完了

Sitemap