Information

Output

Blog

その37

BANDやろうぜ

中3の終わり頃か高1になってからか、初めてのバンドを組んだ。
目標は、文化祭のステージでLIVEをする事。

俺のパートは、ギターとボーカル。
その頃カラオケが流行っていて、当時の俺はまだ判断基準も無いし、周りからも「上手い」だの何だの言われ、一番自信満々の時代だったね(笑)

他は、リード・ギター、ベース、ドラムの4人編成。

正に、青春だね。
友達の家に集まったりスタジオに入ったりして、音を出して、ああだのこうだの言いながら練習を重ねていった。

やっぱり、誰でも最初は初心者だからね。自分だけでは中々欠点に気付けない。他人から色々指摘されたりする経験は物凄く大事だと思う。このダメ出しから逃げているだけだと、何も成長しない。

...まあ、後々その「ダメ出し」も的外れなものがあったり、「正しい知識」を結局誰も持っていなかった事に気付いたりするんだけどね(笑)
だから、何があっても、何を言われても「潰されない」様に気を付けて。

コピーする曲は、以下のものに決まった。
「Paranoid」Black Sabbath
「Livin' On A Prayer」Bon Jovi
「New Rose」Guns N' Roses (original : The Damned)
「To Be With You」Mr. Big

あと、オリジナル曲を1曲書く様に学校側から指令があった。それが出演条件。
今思うと中々厳しいよね。でも、これが良かった。今では感謝。

何て曲名だったかな。
リード・ギタリストがイニシアチブを取って、詞も曲も書いてくれた。当時の俺は、曲なんて書けるとも思っていなかった。
...これが、ダサい曲なんだ(笑)

とにかく、やる曲も決まってバンドらしくなっていった。

まとめるね。
とにかく、楽器に慣れて来たら仲間と一緒にBANDやろうぜ!!

またここで、二人で会おう。

( )

Feed - RSS

arrowup

Input

Review

Profile

南條 雄一

生まれ

よこはま育ち

詩人

 Introduction - 紹介 / Profile

Let's Connect!

Newsletter - 最新情報Get!

1. 入力 > 2. 確認 > 3. 完了

Sitemap