Information

Output

Blog

その58

小学生時代の音楽体験

小学生時代の古い思い出としては、やっぱり光GENJIの登場が衝撃的だったね。
1年生の頃かな。
放課後に友達の前で「パラダイス銀河」を口ずさんでいたよ。
自分では、結構上手だと思っていた(笑)
一応、コピーはしていたって訳だ。

3年生か4年生の時、学校選抜の合唱団に選ばれたらしい。(自分ではうろ覚えなんだけど。)
この頃の俺は、「音楽なんて女っぽいからかっこ良くない」みたいな認識だったみたいで、すぐに辞退してしまった。
選ばれなかった女の子で、俺の事を「羨ましい」と思っていた子もいたみたい。

そして、5年生。
初めて自分の意思でシングルCDを買って欲しいと親にねだった。
周りの友達も、この頃からCD買って教室で聴いていたりしたんだよね。

初めて手に入れたシングル曲は、「それが大事」(大事MANブラザーズバンド)!! いや〜、大好きだった。今でも、名曲だと思うよ!
詞が分かり易いし、共感し易いよね。メロディーも何もかも単純明解。

それから、「冬がはじまるよ」(槇原敬之)、「Beautiful People」(バブルガム・ブラザーズ)と続いて行く。
覚えてるのは、バブルガム・ブラザーズを買って欲しいと言った時に母から「え〜、それはやめといたら?」と諭された事(笑)
きっと、Black Music的でメロディアスじゃないから「音楽じゃ無い」みたいな認識を持たれたのかなと今では分析している。

この頃、一つ変わった事をしていたのを覚えている。
少し前にEXILEもカバーしていた「Choo Choo TRAIN」(ZOO)が流行っていた頃。
テープに録音していたこの曲を何度も何度も聴き返して、歌詞の書き取りをしていたんだよね(笑)!!
もちろん英語なんて分かる訳無いから、「ファンファンウィーヒッザステーステー」みたいに思ったままにカタカナでメモしていた。
何でそんな事していたんだろう。絵と同じで、やっぱり模写したい「本能」みたいなものがあるのかね。君はそんな事あった?

そして、初めて買ってもらったアルバムは、『TREE』(CHAGE&ASKA)。
これも、聴きこんだな。名曲揃いだった。
今思えば、光GENJIの「パラダイス銀河」もASKAの作品だった。やっぱり、凄い人だと思うよ。


まとめるね。
小学生の俺に響いた音楽は、「ど真ん中」のJ-POPだったみたい。
やっぱり、これなんだよ。普通の人が求めているのは。
原点に戻ろう。
「普通」が最強!


最後に、小6の俺にとってのBESTテープがこちら。



「Choo Choo TR‘A’IN」は、書けなかったみたい...

またここで、二人で会おう。

( )

Feed - RSS

arrowup

Input

Review

Profile

南條 雄一

生まれ

「身近な愛を、たいせつに」絵・音・Webにハマったハマっこ、詩にフォーカスでアラフォーデビュー

詩集『ことばの宇宙飛行士』(COMING SOON)

 Introduction - 紹介 / Profile

Let's Connect!

Newsletter - 最新情報Get!

1. 入力 > 2. 確認 > 3. 完了

Sitemap

前へ

次へ

上へ