Information

Output

Blog

その64

後悔しない生き方

どこかで見た記事にこう書いてあった。

多くの高齢者に「今までの人生で最大の後悔は?」とアンケートして返ってきた回答の1位は、

「やろうと思って、結局チャレンジしなかった事」だそうだ。


俺自身にも経験がある。

小学生の頃マンガ家になりたいと思っていたのに、

身近な人からあまり良い反応が得られず、結局途中で成長しようとする事をやめてしまった事だ。

もし、才能がないとか思いながらも、その後10年間努力を継続していれば、今思えば確実に10年分の成長はしていたと思うんだ。


結局、他人に何か言われて諦める程度の想いだったって事で、やめてしまったのは自分自信の責任なんだけどね。


そんな子どもの時の経験、やろうと思っていたのにチャレンジしなかった(途中でやめてしまった)事に対する後悔の念は、いつまでも消えずに心の中に残っている。

まあ、本当にマンガ家になりたいなら今からでも動けば良いし、老後の活動として楽しみに取っておいても良いわけなので、あくまで自分の中の仮想敵(過去の自分)として大切に胸の中にしまっている。


そこから、本当に好きになった事には「静かに・ずっと向き合う」と心に決めたんだ。

そして出会ったのが、音楽。


30歳のタイミングで、会社を辞め、本当に好きな音楽に全てを集中して向き合ってみようと意志決定した。

これが、本当に良かった。

誰とも違う、自分だけの人生をクリエイトし始めた最初と言えるのかもしれない。

「男は30からだよ」と女友達が言ってくれたことがあるが、まさにその通りだった。


そこから、退路も絶たれ、思考が進んだ。

やろうと思った事に、確実にチャレンジした。

精神的な満足感は最高だった。究極と言っても良いかもしれない。


生きてる!!!!って感じ。


そして、うまく行った事もあるし、うまく行かなかった事もある。


チャレンジして、失敗する事が怖い。恥ずかしい。そんな声が聞こえてきそうだ。

けど、「恥の数だけ成長する」と言うのはLIVE活動なんかを通して身をもって経験してきたので、何も怖くなかった。むしろ自分が対面する恥と言うのは「認識出来た課題」なんだからありがたいと思うべき出来事。


俺のメンタルは以下の通り。


・何が起こっても、(まず)殺されることはない。

・勝負は、勝つか負けるかじゃない。勝つか学ぶか。

・Life is Contents。良い事も悪い事も1本のストーリーを彩る1ネタでしかない。豊かなストーリーを描くんだ。


なので、常に最強である。



まとめるね。

やろうと思っている事があるなら、やるべきだ。

やらない後悔に比べたら、やって転ぶ方が何十倍も精神が充実する。その後強くなる。

チャレンジした時点で、すでに君はしあわせな人生の中にいる。


またここで、二人で会おう。

( )

Feed - RSS

arrowup

Input

Review

Profile

南條 雄一

生まれ

「身近な愛を、たいせつに」絵・音・Webにハマったハマっこ、詩にフォーカスでアラフォーデビュー

詩集『ことばの宇宙飛行士』(COMING SOON)

 Introduction - 紹介 / Profile

Let's Connect!

Newsletter - 最新情報Get!

1. 入力 > 2. 確認 > 3. 完了

Sitemap

前へ

次へ

上へ