Information

Output

Blog

その8

天下三分の計

自分の性質、キーワードとして、「文化系」・「個」・「精神系」が炙り出されて来たね。

さあ、そろそろ音楽について考えて行くか。

中2の君にはまだ早いかもしれないね。これは、20代前半の俺が考えていた事。

どんな音楽をやって行くべきか。

パーっとそれまで得て来た知識を頭の中の世界地図に広げてみた。

「組織」の観点から。グループ、バンド。
みーーーーんな、これをやりたがる。人ゴミ。
競合他社(者)は?目立つ存在として、The Beatlesがいる。好みって訳じゃないんだけど、実際に「凄い」・「面白い」と思う。
じゃ、俺が0からやる意義は? ...No.

「表現手法」の観点から。デジタル、打ち込み。
(最近は特に)みーーーーんな、これをやりたがる。人ゴミ。
競合他社(者)は?目立つ存在として、YMOがいる。君と同い歳の頃、大好きだったよ。今でも尊敬してる。実際に「凄い」・「面白い」 と思う。
じゃ、俺が0からやる意義は? ...No.

凄い人がたくさんいる場所、これはレッド・オーシャンだ。血みどろの戦い。
凄い人って言うのは、彼・彼女自身の夢/理念に向かって突き進んでいる状態の人だ。なら、その価値の創造は、その人に「お任せ」しようじゃないか。その道を見つけたら、自分が後追いするのは「面白くない」行為だ。吸収の為の一時的ななぞりは良いと思うけどね。

という事で、音楽の世界で、個人で生演奏と言う領域が残ったね。
弾き語り。
ここさ、すっかすかなんだよね。
この領域で俺が「面白い」と思える人が、いない。世界中を見ても。歴史を眺めても。
ここが、ブルーオーシャン。俺の目には、争いが無い場所。

ふふ、でもこう言うのって、あくまでも自分にとっての最適な領域と言うだけの話。最初に挙げた、自分の性質なんかも大きく影響していると思う。
この「歪んだ見方」が、個性と言うのかもしれない。

とにかく、音楽の世界でまだ未開拓の領域は見つけたよ。

さあ、ここまで書いても、音楽を聴いて俺が何に対して「面白い」と言っているのか分からないよね。また、弾き語りのどこが未開拓なんだって思うよね。
続きは、また別の機会に話すよ。

またここで、二人で会おう。

( )

Feed - RSS

arrowup

Input

Review

Profile

南條 雄一

生まれ

よこはま育ち

詩人

 Introduction - 紹介 / Profile

Let's Connect!

Newsletter - 最新情報Get!

1. 入力 > 2. 確認 > 3. 完了

Sitemap