Information

Output

Blog

その18

ギター初心者の悩み2・Fが押さえられない

ん?
押さえやすいフォームにすれば良いじゃん。

そもそもFコードって何か分かってる?
コードって何?

それが分かれば、自分が押さえられるFコードを作って行けるんだよ。編み出して行けるんだよ。
教則本に載っている情報は疑った方が良い。
と言うより、先ずは受け入れる事も良いと思うけど、その先の深みを探求するべきだ。本質を追うべきだ。
「Fはこう押さえるんですよ」と言うルールが教則本に載っているかもしれない。
けど、音楽は自由なんだよ。
違うFもあるんだ。どこにも載っていない情報かもしれない。けど、あるんだ。作るんだ。
自分独自のFを作る事自体が、表現活動。

さ、そんな事言っても、君は初心者なんだからまだ理解出来ないよね。
教則本に載っているFを攻略したいんでしょ?

Fの難しい点は、バレーコードだからかな。
人差し指で、弦6本を縦一列で押さえる。これが難しいんでしょ。
まあ、コツコツかね。
6本の弦の音が「綺麗」に鳴る様に。自分なりのフィットするポイントが見つかるはずだ。
これだけ練習するのも精神的に苦痛だろうから(笑)、毎日5分〜10分でも良いかもね。

このバレーコードを押さえられる/押さえられないなんて言うのは、明らかに「才能」なんて大層なものじゃないと思うよ。でしょ?
もし君が今焦っているなら、落ち着いて欲しい。ある種の「諦め」を持って、1週間掛かっても良いからと言う気持ちで取り組もう。1カ月〜1年間掛かったって良いじゃん。まだ人生は長い(笑)
そんなある種の諦め・覚悟を持って取り組めば、案外壁はスッと越えられたりするもんさ。

まとめるね。
心を鎮めて。

またここで、二人で会おう。

( )

Feed - RSS

arrowup

Input

Review

Profile

南條 雄一

生まれ

よこはま育ち

詩人

 Introduction - 紹介 / Profile

Let's Connect!

Newsletter - 最新情報Get!

1. 入力 > 2. 確認 > 3. 完了

Sitemap